9年目のBoîte chouchou
d0067139_7542896.jpg
9月からちょこちょこと色々なものを作っています。昔作った形をもう一度作る、なんてこともしています。
この形は、私がカルトナージュを教えて頂いた恩師ローランス先生の作で、Boite chouchou(ボワット・シュシュ)という名前のものです。私がこの箱を習ったのは、カルトナージュを習い始めた最初の年。2001年でした。初めて布を使って作った作品がこれで、綿を布でくるんで結んでそれをつまみにするというアイデアに、ほおおおお~~~~すご~~い!と感動した覚えがあります。

d0067139_831482.jpg
ローランス先生の本Le grand livre du cartonnageでは、一段のシンプルな箱となって登場していますが、当時私が教えて頂いた箱はこんな風に2段になっていました。そして、本に載っているサイズよりも少し大ぶりでした。

d0067139_864525.jpg
9年目に作ってみたBoite chouchouは、2段はそのままに、当時教えていただいたものよりも小ぶりにしてみました。
そして、蓋で少しだけ遊んでみました。

使った生地は、夏のソルドで買ったプロヴァンスの生地です。
この箱を見て「いつものmikaさんらしくない雰囲気ですね。」との意見が多かったのですが、この可愛らしいつまみのついた箱にはこんな花柄の生地を使いたくなる私です^^。
[PR]
by lecahierbleu | 2010-11-29 08:36 | カルトナージュ Cartonnage
<< 板チョコ・マニア 二人で旅するパスポート・ケース >>