サロン・デュ・ショコラ パリ
d0067139_2040379.jpg
先週、パリで開催されていたサロン・デュ・ショコラに行ってきました。




会場に着いて、いきなりやってしまったのが、パッケージ買い!!(爆)
でもこれは一目惚れでした。板チョコの形の缶カンボックス。最初に頭に浮かんだのは、
フェーヴの収納ボックスにぴったり!!これです(笑)。
d0067139_9101269.jpg
もう99%買う気持ちになりつつも、試食させて頂きました。ここでもしとんでもない味だったらさすがの私も断念したことでしょうが、サロン・デュ・ショコラに来てそれはありえない(笑)。試食したパッション・フルーツのショコラがなかなか美味しかったので、迷わず購入~~。
d0067139_20403944.jpg
ボンボン・ショコラが36個入っています。うふふ。フェーヴが36個入るわね(爆)。
ちなみにこのショコラ屋さん、パリから北に100km、NOYONという町にあるようです。

d0067139_911292.jpg
こちらも目がハートになってパッケージ買い(笑)。でも、この日一緒だった、美味しいものをよ~く知ってるHちゃんから「ここのチョコレート美味しいよ」とお墨付きを頂いたので安心。

d0067139_9114113.jpg
このショコラ屋さんは、お隣の国リュクセンブルグから来ていました。
とても素敵なHPもあります。→Génaveh - Chocolaterie artisanal


先日、お菓子の仕事をしている友人に会う機会があったので、「サロン・デュ・ショコラに行くんだけど、どこかオススメのショコラ屋さんはない?」と聞いたところ、「ル・マンにMOF(フランス最優秀技術者)を持ってる人のお店があるんだけど、そこのショコラはものすご~~く美味しいらしいわよ。」との情報、さっそくメモメモ(笑)。
そして・・・ありましたありました!!
d0067139_9122122.jpg
ル・マンにあるJaques BELLANGER(ジャック・ベランジェ)氏のお店Béline。Hちゃんによると、このお店の、甘口の白ワイン、ソーテルヌを沁みこませたレーズン・チョコがとっても美味しいのだとか。さすがはHちゃん、よく知っていらっしゃる!
スタンドにはジャック・ベランジェ氏もいらっしゃいました。娘さんが色々と試食をさせてくれます。さっそくレーズン・チョコレートの試食をさせてもらうと。
ほんとだ~~~美味しい~~(涙)。後を引く美味しさです。
あれこれ試食をして最終的に選んだのは、このソーテルヌのレーズンチョコ(袋入りに缶入り)、そして、マカロン、そして、パット・ド・フリュイにフリュイ・コンフィ、ナッツが乗った35cmの長~いショコラのバー。
マカロンは、その日の夕方、息子二人によってあっという間に平らげられてしまいました。

d0067139_9123811.jpg
ショコラのバーは、中が二層になっていて、上がフランボワーズのジュレ。下がプラリネです。プラリネのまったりとした甘さとジュレの酸味、そしてショコラがお口の中で一体となり・・・・ああ~~~しあわせ~~~(涙)

Hちゃんによると、レーズン・チョコなど一部のものはパリでも購入できるそうです。
HPはこちらです→Béline chocolaterie
 
*このブログでは、開設当時、フランス語のアクセントがきちんと表示されないというご指摘を頂いたので、アクセントを省略しています。でも、あれから2年、もしかしたら改善されてないかしら?ということで、今回トライしてみました。皆さんの画面できちんと表示されていますか?
Béline ←最初のeにアクセントがついて表示されていない場合はお知らせいただけるとありがたいです。
[PR]
by lecahierbleu | 2007-10-27 22:49 | お菓子 Gateaux
<< くみさんのお菓子教室 *Go... 小鞠ちゃんから頂いた大切なもの >>