カテゴリ:日本の夏2007( 9 )
日本玩具博物館 世界のクリスマス展
d0067139_19492923.jpg
あっという間に12月。パリはノエルのイルミネーションにスイッチが入り、シャンゼリゼにはかないませんが、夕方になると我が家の近所の商店街も頑張ってキラキラ。いよいよノエル近しです。といっても、今日はパリのノエルのお話ではありません。
今年の夏にご縁があって訪れた兵庫県姫路市にある「日本玩具博物館」。ここで今開かれている「世界のクリスマス展」のご紹介です。

玩具博物館を訪れるきっかけとなったのは、フェーヴを通じて知り合い、お付き合いさせていただいている京都市在住のSさん。日本の郷土玩具やヨーロッパのクリスマス飾りを現地を訪ねたりしながらコレクションをされているSさんが、先日このクリスマス展の写真を送ってくださいました。それを見て、ぜひブログで紹介したい!大興奮の私。玩具博物館の学芸員の尾崎さんにお願いをし、さらに画像を何枚か送っていただきました。その中にはクリスマス展のポスターになった、姫路市在住の写真家の方が撮られたものもあります(最初の二枚です)。プロのお仕事はさすがに違います~~(うっとり)。
↑こちらの写真は、ドイツ エルツゲビルゲ地方の天使と星のオーナメントです。
 
d0067139_1950361.jpg
このクリスマス展には、世界45カ国から集められたクリスマス・オーナメントやデコレーション1,000点が展示されているらしいのですが、その内容が圧巻です。日本でよくこれだけのコレクションを集めることができたもの!収蔵品はさらに展示されているものの3倍はあるというからさらに驚きです。 
こちらの写真はアメリカ合衆国 トナカイに乗るサンタさん。

d0067139_1952726.jpg
ここからはSさんと尾崎さんが送ってくださった画像と解説でその一部をご紹介します。
左:アルザスのクッキー型オーナメント。
中央:ドイツ プラウナレースのオーナメント。
右:チェコのヴィゾビーチェ(塩パン)のオーナメント。

d0067139_1581045.jpg
フィンランドのベルと白樺のオーナメント。

d0067139_1582827.jpg
左:チェコのパン細工。キリスト降誕人形。
右:ブルキナファソ(西アフリカ)のキリスト降誕人形。

d0067139_16335665.jpg
こちらはメキシコ トナラ族のキリスト降誕人形です。

その他にも、中近東・アフリカのコーナーには、バナナの皮で作ったオーナメントやジンバブエの降誕人形、南アフリカズール族の降誕人形。中南米コーナーにはペルーのレタブロ(キリスト降誕の祭壇)などなど・・・・さまざまな国のそれぞれのクリスマスにそのお国柄が出ていて興味深いです。

このクリスマス展は、玩具博物館の6号館で1月20日まで開催されています。12月の土日にはクリスマス絵本の朗読会や展示解説会もあるそうですよ。
他にも1号館で先日から「ねずみの玩具とおめでたづくし」という展覧会が始まったそうで、常設の世界の玩具や昔懐かしい昭和の玩具など全てをじっくりと見て回ると半日でも足りないくらいです。 
手で触れて遊べる玩具の部屋もあり、大人も子供も楽しめること間違いなしです。ぜひぜひ訪れてみてくださいね。

日本玩具博物館の公式サイトはこちらから→日本玩具博物館 

夏に訪れた玩具博物館
[PR]
by lecahierbleu | 2007-11-30 08:05 | 日本の夏2007 | Comments(24)
軽井沢の美味しいもの
d0067139_5154749.jpg
朝採りたての、甘みも酸味もしっかりあるトマト。

d0067139_526167.jpg
まろやかなヨーグルトにこちらも朝採りたてのブルーベリーを添えて。でも、実は酸っぱいものが苦手な私。生のブルーベリーは想像以上に酸っぱくて~~~(汗)、上からハチミツをどわ~~~!とかけました(笑)。

d0067139_5263547.jpg
買ったお店の店主さんが「カルピスバターより美味しいよ。」とオススメの発酵バター。いや本当に美味しかったです。残ったバターを大阪まで持って帰って来たくらい(笑)。実は「カルピスバター」というのを食べたことはないので比べようがないのですが、フランスのチーズ屋さんで買うフレッシュなバターによく似たお味でした。

d0067139_526573.jpg
ぜ~んぶ、こちらのお店で買いました。「軽井沢物産館」。後でネットで調べてみると、こちらの牛乳が美味しいので有名だったんですね!知らなかった~~。
こだわりの品揃えで、新鮮な野菜と乳製品がとても美味しかったです。ソフトクリームも食べておけばよかったなあ~。

軽井沢特集、これで終わりです。 
日本に帰っても、そこからまた国内旅行に出るということがあまりないので、今回の軽井沢旅行はとても新鮮でした。軽井沢って良いところだな~ってしみじみ思いました。
そんな旅の記録を残しておきたくて、今回はちょっとがんばってUPしました(笑)。
お付き合い下さり、ありがとうございました。
[PR]
by lecahierbleu | 2007-09-15 05:36 | 日本の夏2007 | Comments(14)
軽井沢 お蕎麦屋さんで大人だけの時間
d0067139_6381536.jpg
軽井沢で連れていってもらったお蕎麦屋さん。お店は日本家屋で、とても落ち着きます。お食事はコースになっていて、出てくるお料理お料理、どれもとても美味しいのですが、最後に出てくるお蕎麦がまたとびきり美味しい!!蕎麦湯がまた最高~~ああ~~至福のひと時です~~。

ところで、このタイトル、「大人だけの時間」に???って思われた方がいらっしゃるのでは?実はこのお店、完全予約制なのですが、もう一つ、中学生以下のお子様お断りなのです。なので、この日は4歳の次男は「今日は一日ゆっくり寝ていたい。」という夫と一緒にお留守番していただきました。
大人だけで楽しむお蕎麦のコース。私がいける口ならば、日本酒もくいくいっといきたいところ(笑)。

d0067139_6384647.jpg
こちらは食後のお菓子の後のお抹茶茶碗。お蕎麦の写真はありません~(汗)。相変らず、グルメ・ブログはできないな~と思う私(笑)。

大人と子供の世界がビシっと分かれているフランスから日本に帰ると、私が日本に帰るのがいつも夏休みなので特にそう思うのかも知れませんが、大人と子供のいる場所の境界線がとても曖昧に感じられます。自分も子供がいるので、気持ちはとてもよくわかるのですが、え?と思うようなところにも子供がいたりする・・・・・。

お子様お断りのお店だと、自分も子供を預けなければ行けないという問題はもちろんあります。でもそれさえクリアーしてしまえば、ゆったりと大人だけの時間が間違いなく約束されている、というのは、子育て中の私にとっても魅力だったりします。こういうお店ってこれから増えていくのでしょうか?
[PR]
by lecahierbleu | 2007-09-13 18:21 | 日本の夏2007 | Comments(8)
軽井沢 セゾン現代美術館
d0067139_1650480.jpg
軽井沢滞在中に是非行きたい!と思った場所があります。それは、「セゾン現代美術館」。お目当てはなんといってもイヴ・クライン。そしてロイ・リキテンスタイン・・・。数は少ないけれどもここにはそういったモダン・アート、ポップ・アートの逸品が展示されています。でも、予備知識あまりなく行った私がこの美術館で一番気に入ったものは、その美しい庭園と軽井沢の木々に囲まれた環境。空気でした。全てが心地よいこの美術館で、アートと自然を味わった一日は忘れがたいものとなりました。

今回はちょっぴり長いです。
[PR]
by lecahierbleu | 2007-09-08 15:39 | 日本の夏2007 | Comments(8)
軽井沢 アトリエ・サジとミロズポタリー
アトリエ・サジとミロズポタリーは、緑の中の別荘地の中にあります。小さなログハウスが向かい合って建っていて、その間には大きなパラソルのついたウッド・テーブル。とても気持ちの良い空間です。
d0067139_16205427.jpg
こちらはアトリエ・サジ。篠原由比子さんが作る、天然石アクセサリーのお店です。ローマングラスやアンティークストーンといった珍しい石と天然石を組み合わせたオリジナルのアクセサリーはとても素敵です。HPはこちらです。→ Atelier SAJI

d0067139_16222054.jpg
こちらはミロズポタリー。ミロさんが作るポタリー(陶器)のお店です。その独特の作風に一目ぼれ。実は、篠原さんとミロさんは、私のフェーヴ・パートナー、accentsのshigekoさんのお友達で、ミロズポタリーにはaccentsのフェーヴも少し置いていただいているのです。

そして
[PR]
by lecahierbleu | 2007-09-06 17:23 | 日本の夏2007 | Comments(18)
軽井沢 燻製屋さん
d0067139_8383414.jpg
燻製屋さんに連れて行ってもらいました。こちらでジャスミン・ティをオーダーしたら、こんな小さなガラスのティーポットに入ったお花のジャスミン・ティが出てきました。お花のジャスミンティについては二年前にご紹介したことがあります。→ でも、耐熱グラスに入れてそのまま頂くよりも、こうやって一人用のティーポットに入れて、小さな耐熱用グラスに注い方が何倍も美味しいし見た目も美しい。お店の方に熱いお湯をさらに2回ほど注ぎ足していただきました。長く楽しめるのも魅力です。
このコロンとした丸いグラスがまたよくできています。グラスが二重になっていて、お茶の入っている部分と手で持つ部分が接触していないので、熱いお茶を注いで持っても全く熱くないのです。しかも、大きめのお猪口くらいの、フォルムが可愛い。←重要ポイント
このポットとグラス、セットで欲しい~~~!!!
d0067139_8411225.jpg
ピザは、イノシシのお肉の燻製とリンゴとチーズの、シンプルなもの。トマトソースを使わず、燻製の香りとチーズの味が楽しめる大人のピザでした。

d0067139_8414890.jpg
イタリアンレストランに行けば必ずある「トマトとモッツアレラのサラダ」も、モッツアレラチーズが燻製してあると、全く違うお料理のようです。深みがあって美味しい。

この後、トリュフのリゾットを卵でくるんだオムレツを頂いたのですが、写真はありません。熱々の美味しそうなオムレツが運ばれてきた瞬間にカメラの存在は忘れてしまいました(爆)。

d0067139_8422948.jpg


見つけた!!
[PR]
by lecahierbleu | 2007-08-22 14:46 | 日本の夏2007 | Comments(26)
軽井沢 旧軽銀座の風景
d0067139_2553511.jpg

d0067139_22572217.jpg

旧軽井沢銀座。15年前に初めて連れてきてもらったときには、私が持っていた軽井沢のイメージとはあまりに違う人の多さで、びっくりしてしまいましたが、最近は軽井沢にアウトレットができ、こちらまで足を伸ばす人の数も減ったとか。写真を撮った日はそれほどではありませんでしたが、それでもお盆も近くなるとものすごい人・人・人で賑わっていました。おいしいモノがたくさんある面白い通りで、パンを買いに、新鮮な野菜を買いに、発酵バターを買いに・・・・何度か足を運びました。
d0067139_2581776.jpg

d0067139_30182.jpg

旧軽銀座からのびる小さな脇道。軽井沢にはレンタル自転車のお店がたくさんあります。朝の涼しいうちにサイクリングしながら町を散策するのは気持ちいいだろうな~~。
[PR]
by lecahierbleu | 2007-08-19 23:32 | 日本の夏2007 | Comments(12)
軽井沢 
d0067139_2343062.jpg

軽井沢に行ってきました。軽井沢は4度目ですが、一週間以上滞在したのはこれが初めてです。
買ったばかりの一眼レフで写真をたくさん撮ってきたのですが、後で見てみると軽井沢の景色はほとんどが木と緑の、同じような写真ばかり。それほどに美しい緑が印象的でした。私のつたないカメラの腕で、夏の軽井沢の空気が少しでも伝わるでしょうか???

d0067139_235545100.jpg
↑この大きさの写真を表示したいがために、ものすご~く久しぶりにスキンを変えてみました。

d0067139_23585891.jpg

d0067139_23592846.jpg

d0067139_2255545.jpg
10歳違いの兄と弟。

d0067139_005662.jpg

[PR]
by lecahierbleu | 2007-08-17 23:53 | 日本の夏2007 | Comments(8)
念願の
d0067139_1322838.jpgデジカメ一眼レフをついに購入いたしました!
憧れだった一眼レフ、でも使いこなせるようになるまでは遠い道のりですよね。
今はとにかくたくさん撮っていきたいな~と思っています。










ただいま実家の庭に咲いているお花で練習中でございます。お花の名前は・・・わかりません(爆)。
d0067139_13283347.jpg
d0067139_13311542.jpg
d0067139_1333122.jpg
d0067139_13335073.jpg
d0067139_13345188.jpg
このカサブランカは、母がお友達から頂いたものだそうです。見事ですね。
d0067139_13363484.jpg
刺しているガラスの花瓶は、以前吹きガラスをしていた頃の妹の作品なんですよ。・・・と、さらなる妹の宣伝も忘れずに(笑)

そしてこんなものも買いました
[PR]
by lecahierbleu | 2007-07-25 14:09 | 日本の夏2007 | Comments(34)