<   2005年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
Le 29 AOUT  最高のごちそう
d0067139_627552.jpgパリに戻ってきました。現在は日本から持ってきた大量の食料品、その他もろもろの収納場所を確保すべく奮闘しております。

日本滞在の後半は兵庫県にある夫の実家で過ごしていました。夫の実家では義父が庭で野菜を作っていて、なんといってもそのもぎたての野菜を食べるのが楽しみ。日本滞在中には本当に色々なものをこれでもかというくらい頂いてきましたが、実はこれが一番のご馳走です。特に、写真の真ん中にある長ーい野菜「はおりのひも」と呼ばれる甘長唐辛子。これが美味しい!!フランスでは味わえない野菜のひとつです。お味はというと、しし唐をもっとピーマンに近づけて甘くしたような。しし唐のように網焼きして鰹節とおしょう油だけでも美味しいし、キンピラ風に炒めても、天ぷらにしても。とにかく毎日食べていました。ビタミンもたっぷりで、ああ~もっと食べたい!

d0067139_6281731.jpgもうひとつ、私が毎年はまってしまってお風呂上りに一本!と毎晩食べていたアイスをご紹介。九州名物白くまアイスです。バニラアイスにフルーツゴロゴロ&アズキ。もう最高です。あ、試してみようかな、という方へ。白くまアイスって、他メーカーでも元祖と書いて売っていたりしますが、お間違えのないように。必ずこの「マルナガの白くまアイス」を探してくださいね!!
[PR]
by lecahierbleu | 2005-08-30 06:23 | 日本の夏2005
Le 10 AOUT  和紙のお店 藤田芸香亭
d0067139_1185785.jpgガイドブックで見つけてどうしても行きたかったお店というのは、紙の工芸品のお店「藤田芸香亭」(ふじたうんこうてい)。ガイドブック「まっぷる奈良」によると「吉野和紙やオリジナルの張り子人形、切り絵セット、風雅な便箋など、紙の工芸品が並ぶ」とあり、紙モノ大好きな私は、ぜったいに行きたい!と思ったわけですが、定休日を見ると、なんと私たちが行く木曜日(涙)。がっかりでした。
しかし、どうしてもあきらめきれない私は、奈良観光のあと、母と妹に「夏休みだし、もしかしてもしかしたら開いてるってこともあるかも・・・」とお願いして、お店の前まで行ってもらいました。当然のことながら、やっぱり閉まっている・・・電気も消えている・・・「残念でした。また来年くればええやないの。」と、先に歩き出す母たち。それでも往生際悪く、せめてウィンドウディスプレイの紙の写真だけでも撮っていこうかな、とカメラを構えていると・・・・・・
背後から「何か?」という、女の人の声。なんと、そのお店の店主さんだったのです。私が、事情を説明すると、「あ、いいですよ、どうぞ入ってごらんになってくださいな。」と耳を疑うようなお言葉を。うおおおおーーーなんとラッキー!!
聞くと、店主さんは、休日でも一度は空気の入れ替えなどのためにお店に顔を出すのだそう。その時間と私がお店の前に立っていた時間とがぴったり重なったというわけです。

お店には、和紙を使った工芸品はもちろん、カルトナージュに使えそうな千代紙、手漉き和紙などわんさか!

お財布と相談して買ったのは
[PR]
by lecahierbleu | 2005-08-10 12:08 | 日本の夏2005
Le 08 AOUT 奈良へ
d0067139_1271471.jpg先日、奈良に行ってきました。日本滞在中に、上の息子に日本の歴史的建造物や文化財などを毎年少しずつでも見せておきたいと思っています。今回選んだのが奈良の大仏様。日本史を知らない息子のために、前日に「漫画日本の歴史 奈良時代」でいちおう予習を・・・・私「なになに?元明天皇(げんめいてんのう)は首皇子(おびとおうじ)を皇太子にしたのち、むすめの元正天皇(げんしょうてんのう)に位をゆずり・・・藤原不比等(ふじわらのふひと)はさらに朝廷との関係を深めるため、むすめの光明氏(こうみょうし)を首皇子のきさきとし・・・うわ、ややこし!」 息子「ママ、習ったんでしょ?学校で。」 私「身に覚えがないなあ・・・」 妹「おいおい。」

さてさて、初めての大仏様とご対面した息子は、「おおお!でかい!!」と、感嘆の声。「ほおーーすごいなあ。」と上を見上げる息子を見て、これだけでも来たかいがあったと満足満足。
大仏様、私はよく考えたら小学校の時にご対面して以来だということに気づきました。子供の目で見た大仏様は、もうとにかく大きい!!d0067139_221935.jpgそれだけでしたが、大人になってお会いすると、「こんなお顔してらっしゃったのね。」なんて(笑)、なかなか感慨深いものがありました。「おや、こんなところに蝶々が。」なんて発見もあり。

奈良町散策もしてきました。この辺りは古い町並みがそのまま残っているのですが、センスのいいアジア雑貨のお店なんかもポツポツあったりして、面白いです。









d0067139_227824.jpg
下の写真は奈良町資料館の入り口に飾られている昔の看板。中は撮影禁止だったのですが、蓄音機があったり、仏像があったり、昔のお札がずらっと並べられていたり。懐かしの聖徳太子さんにも会えました。


実は、奈良町にはもうひとつ、ガイドブックで見つけてどうしても行きたいお店がありました。
そのお話は次回につづく・・・・です。
[PR]
by lecahierbleu | 2005-08-09 02:04 | 日本の夏2005
Le 07 AOUT  クウ太のひとりごと
d0067139_1344276.jpg「おれの名前はクウ太。みんなおれのこと「クウちゃん」なんて呼ぶけど、人間で言ったらいいおっさんなんだからいい加減やめてほしい。それにしてもおれって自分で言うのも何だけど、キリッといい男だろ?毛並みには気を使ってるし、ご主人さま以外にはぜーーったいスキを見せない主義。特に最近はご主人さまの姉貴というのが連れて来たちっこいの(おれはひそかにライバルと呼んでいる)がいるから気が抜けない。なんせこの間なんて、いきなりおれのしっぽを狙ってきたから肉球パンチをくらわせてやったら、もう家中大騒ぎ。おちおち昼寝はできないわ、ご主人さまには怒られるわで、踏んだり蹴ったりよ。
そんなわけで、最近のおれは寝ているときでも神経ピリピリ張り詰めてるわけ。」
と、本人本猫は言うてます。 

「ほんとにい~?」 by ご主人さまの姉貴
[PR]
by lecahierbleu | 2005-08-08 02:22 | 日本の夏2005
Le 04 AOUT  アップル・ストア
d0067139_1535123.jpg先日、アップル・ストア心斎橋に行ってきました。私はMacユーザーではありませんが、もし自分だけのパソコンが持てるのだったら、Macがいいなあと思っています。今回、iPod miniを買ったのをきっかけに、アップル社の製品のデザインの良さを再確認したわけですが、アップル・ストアに行って、またまたノックアウトされてきました。ストアのデザインから細かい部品にいたるまで、うーん、やっぱりかっこいい。
さてさて今回の私の第一目的は、「iPodとiTuneのワークショップ」。大きなスクリーンの前に椅子がならび、ちょっとしたミニシアターのようになっているコーナーがあり、そこでインストラクターの方(?)の講義が。d0067139_2161398.jpg私は、二人で別々のiPodを一つのPCで共用するときのノウハウを伝授していただきたかったのですが、個別の質問形式というのではなく、1時間決められた内容だったので、そこまで突っ込んだお話は聞けずじまい・・・。でもiPod初心者の私にとっては十分ためになるお話でした。前半はどちらかというと、まだiPodを購入していない人にいいかな?という内容だったので、これから買おうかという人や、私のようなビギナーにはよいかも知れません。
iPod mini用のアクセサリーもわんさかあり、ケースひとつとってもあれも欲しいこれも欲しい。Porter(吉田カバン)デザインの専用ケースまであり、一瞬うっ!となったのですが、お値段見てささっとやめました(笑)。iPodソックスも色とりどりで可愛いですね。でもせめて3色セットくらいにして欲しいです。6個もいらない。←主婦の意見?(笑)
アップル・ストア、私の一番の印象は、店員さんが皆さんとっても親切。何もかも気持ちのいいお店でした。
[PR]
by lecahierbleu | 2005-08-05 02:21 | 日本の夏2005
Le 01 AOUT 手仕事の愉しみ
d0067139_10242563.jpg日本に帰ってきて、妹の居間に座ると、「あ、使ってる使ってる。」私が何年か前に作ったカルトナージュのリモコン立てがありました。その年、日本に里帰りした私は、妹の家のリモコンの多さにびっくり。TV、ビデオ、DVD、エアコン、さらに扇風機のリモコンまで。居間だけで5つのリモコンを使っていました。それがあっちにあったりこっちにあったり。当時、カルトナージュを習い始めて創作意欲に燃えていた私は「よし、私が何とかしてやろう!」とばかりに、このリモコン立てを作ってプレゼントしたのでした。今年帰ってみると、一番端っこにはボールペンに耳かきまで立っていましたが(笑)、ま、それもご愛嬌。自分の作ったものを使ってくれているのを見るのは嬉しいものです。

d0067139_117686.jpg家の家族は皆手を動かすのが好きなようで、母は陶芸、下の妹はガラス工芸をしています。そんなわけで真ん中の妹の家にはそんな手作りモノがゴロゴロ。この吹きガラスのサラダボールは、私もお気に入りの一つです。残念ながら妹は吹きガラスの方はやめてしまい、今はバーナーを使った小さな作品を作っているようです。私もこういう器、作っておいてもらえばよかったなあ。

d0067139_1181662.jpgこちらは母の器。相変わらず素朴系まっしぐら。この手作り感たっぷりの作風、本人はいつまでたっても上達しないと悩んでいるようですが、私はけっこう好きです。このまま突き進んでいただきたい(笑)。
[PR]
by lecahierbleu | 2005-08-01 11:26 | カルトナージュ Cartonnage